お知らせ

お知らせ

最近のニュース

2019.05.08 ブルーノ・マンサー基金:191,000人がムールアブラヤシ農園に「No」

サラワクの活動家たちがブリュッセルのマレーシア大使館に請願を提出

 (ブリュッセル、ベルギー)サラワクからの先住民族活動家が、ブリュッセルのマレーシア大使館にグヌン・ムル地域の熱帯雨林破壊に反対する191,000の署名を提出した。請願書は、マレーシア、ドイツ、スイスを含め、世界中の多くの国々によって署名されている。活動家の一行は前夜に、イギリス、ベルギー、フランス、スイスへのヨーロッパのロビーツアーの一環としてブリュッセルに到着したものである。ムル地域のKampung Melinau出身のBerawanの活動家であるWillie Kajan氏は、「ムル農園を中止し、土地をダヤックの人々に返還すべき。」と述べている。その後、活動家らはEU職員とNGOに会い、サラワク州政府が2023年までにさらに60万ヘクタールの熱帯雨林とコミュニティの土地をアブラヤシ農園に転換する計画であること等について会合を持つとされている。

2019.2.14 The Borneo Project:サラワク唯一の世界遺産がアブラヤシ農園に脅かされている

マレーシアのサラワク州でユネスコ世界遺産に登録されているムル国立公園の周辺の熱帯林が、アブラヤシ農園開発に脅かされている。マレーシア企業ラディアント・ラグーン社は、近隣の先住民族コミュニティの意に反してこの地域の林を伐採し、4400ヘクタールのアブラヤシ農園開発を始めており、ムル国立公園とブルネイの森林とをつなぐ野生生物の回廊に悪影響を及ぼしている。スイスのNGOブルーノ・マンサー基金は、マレーシア政府とサラワク州政府に、この伐採活動を直ちに中止するよう要請している。「マレーシアは、アブラヤシ農園のための新たな森林伐採を阻止することを国際社会に約束した」と事務局長のルーカス・ストラウマンは述べました。「明らかに環境的な大惨事であり、マレーシア当局とパーム油産業の信頼性が脅かされている。」
https://borneoproject.org/updates/sarawaks-only-unesco-world-heritage-site-threatened-by-oil-palm-plantations

森のある惑星

SCCは、熱帯林情報を盛り込んだサイト「森のある惑星」を作っているNGO数団体のひとつです。最近の熱帯林おもしろStoryは:

意外と弱い巨木の森

眺めていて首が痛くなるほどの木々の高さは、熱帯雨林の最大の特徴です。原生林を歩いていると、日本なら愛称がついていてもおかしくないほどの巨木をあちこちで見かけることができます。

枝葉の茂っている森の上部「林冠」の高さは20~30mほど。2016年にはマレーシア・サバ州のダナム・バレーで、高さ89.5mの巨木が発見され話題になりました。高い林冠部をつきぬけてそびえるそうした高木は「超高木」と呼ばれています。

毎月新しい話が追加されていきます。続きは以下でhttps://morinoaruwakusei.net/

関連する団体へのリンク

※このウェブサイトは、パタゴニア日本支社の助成により作成されました。

参考文献:本ウェブサイト作成に以下を参照しました。

  • Markets For Change / JATAN, 「フローリングへと変貌する熱帯林」
  • Markets For Change / JATAN, 「Too Little Too Late」
  • Markets For Change / JATAN, 「足下に 熱帯林を 踏みつけて」
  • グローバル・ウィットネス「違法行為の黙認」
  • 国際環境NGO  FoE Japan、発表資料「サラワクからの 輸入木材の問題」(2015年12月15日)
  • 秋道智彌、市川昌広編「東南アジアの森に何が起こっているか」人文書院
  • ルーカス・シュトラウマン(鶴田由紀訳)「熱帯雨林コネクション-マレーシア木材マフィアを追って」緑風出版
  • WWF ホームページ
  • SUHAKAM(マレーシア人権委員会)、REPORT OF THE NATIONAL INQUIRY INTO THE LAND RIGHTS OF INDIGENOUS PEOPLES、2013
  • 日刊木材新聞2016.3.23付